【悲報】約3億円を獲得した16歳のフォートナイト世界王者、「Swatting」被害を受け警察を自宅に送り込まれる

注目記事
『フォートナイト』世界大会で過去最高の賞金3.3億円を16歳の少年カイル君が獲得!

1: 2019/08/13(火) 14:03:04.46 ID:V2YubWan0
弱冠16歳で人気バトルロイヤルゲーム「フォートナイト」の世界チャンピオンとなって300万ドル(約3億2000万円)を獲得したKyle Giersdorfさんがオンライン配信中に「スワッティング」の被害を受けたことが話題になっています。

「スワッティング」とは、緊急通報用電話番号(日本でいう110番)に「(何らかの)大事件が起こっています」と通報しターゲットの住所を伝えて、相手の元に武装した警官を送り込むイタズラです。

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16920696/

4: 2019/08/13(火) 14:04:02.05 ID:V2YubWan0
今回スワッティングの被害を受けたのは
2019年7月に行われたフォートナイトの公式世界大会フォートナイト・ワールドカップ(Fortnite World Cup)のソロ部門を16歳の若さにして勝ち抜き優勝を収めて300万ドル(約3億2000万円)を獲得したKyle Giersdorf(ハンドルネーム:Bugha)さん。
スワッティングが起こったのは、Giersdorfさんが2019年8月10日夜オンライン配信プラットフォームTwitchでフォートナイトを配信中のこと。Giersdorfさん本人によると、「僕が説明のために玄関に出たとき、警官はすでに銃を抜いていた」そうです。

Giersdorfさんがスワッティングを受けた際、配信は継続されたままでした。武装した警官の応対後、配信に復帰したGiersdorfさんは「すごく恐ろしいよ。インターネットってのは本当に狂ってる」とコメントしたそうです。

https://www.twitch.tv/videos/465391646?t=07h01m51s

続きを読む

(Visited 476 times, 1 visits today)

コメントは受け付けていません。